「天使の囁きを聴く集い2002」レポート
今年の「天使の囁きを聴く集い」(2002年2月2,3日)は、例年になく少人数の総勢25名。
参加者の方全員の顔と名前が一致したこともあり、実に楽しい時間を過ごすことができました。
10年ぶりくらいでテレビ局の取材が入り、突然のテレビカメラに参加された方々もちょっと慌て気味(^^;)
事前にご連絡できなくて大変申し訳ございませんでしたm(__)m

今年も悪天候に見舞われ、ダイヤモンドダストは見ることができませんでしたが、楽しい2日間は
あっという間に過ぎてしまいました。
是非、来年こそは見ることができますように。


e0072443_14132751.jpg天使2002 今年の参加者
少なめの参加者ですが、中身が濃かった!
開会式で皆さんまだ緊張中の一こまです。

e0072443_14134452.jpg天使2002 札幌テレビ放送のクルー
「北再発見21」クルーの皆さん。
プロデューサーさんが写っていませんが、皆さんご覧のように(←)気さくな人ばかり。
イベントに同化して仕事をされていました。
今度はプライベートで遊びに来てね~。

e0072443_14142575.jpg天使2002 アイスキャンドル
今年のアイスキャンドルは結構すてきにできあがっていました。
氷の中にゆれる黄色い炎がとても素敵です。

e0072443_14145472.jpg天使2002 白樺林の幻想
ライトアップセレモニーまで雪が降り続き、樹木は白い衣装をまとっていました。
そこに、青・緑・オレンジの光が当たり何とも言えない幻想的な世界が広がりました。
写真では表現しきれない感動を是非来年あなたも味わってみてください。

e0072443_14151123.jpg天使2002 イグルー作り
昔遊んだはずなのに、慣れない作業に悪戦苦闘。
それでも何だかんだ言っているうちにイグルーが3つもできてしまいました。
雪の切り出し作業の方ご苦労様でした。

e0072443_14153095.jpg天使2002 クリスタルパークにて
雪の結晶のレプリカ作りの後に、朝の散歩をしました。
往復約2kmのテクシーに目がさめました。

e0072443_14154830.jpg天使2002 雪中ミカン拾い
雪山の中でのレクリエーション。
慣れないカンジキでの雪上走破の後で疲れを忘れて死闘を演じていました。
雪の中でのミカンがとてもおいしかったです。

e0072443_1416127.jpg天使2002 雪山尻すべり
高さ約10mの断崖からビニールを敷き、尻すべり!
←恐怖をよそにスリルを味わう参加者の方々。
これが結構はまってしまう遊びなのです。

[PR]
by wisperofangel | 2005-09-11 00:01 | ├ イベントレポート
<< 「天使の囁きを聴く集い2003... 「天使の囁きを聴く集い2001... >>