「天使の囁きを聴く集い2003」レポート
17回目を数える今回のイベントは、近年通りの少人数ペースで23人の参加でした。
今度こそはマスコミ抜きで参加者と実行委員の一体感を、と考えていましたが頼まれると断れない事務局の優柔不断さで、「まいタウン」という番組クルーを受け入れました。
3月には北海道だけで放送がありましたが、ビデオを送って頂いていますので、次回の天使ではその画像が楽しめそうです。
またまた参加された方には事前にお知らせできず、大変申し訳ございませんでした・・・m(__)m

e0072443_14352833.jpg天使2003 参加者集合写真
参加者、実行委員、地元の人、行きずりの人が入り交じっての記念写真。
マイナス17度の中でもみんな元気いっぱい。
このときばかりは現実を離れ、時間を楽しみました。
<<< クリックして別ウィンドウで拡大

e0072443_1438914.jpg天使2003 イグルー建設
3基のイグルーを作るには、みんなで力を合わせてえっちらおっちら。
雪のブロックを切り出す人、運ぶ人、積み上げる人。
汗を拭き拭き、がんばりました。
(天使の囁きってこんな事するの???)

e0072443_14385811.jpg天使2003 白樺林の幻想
白樺林が古くなり、半分を伐採してしまった会場でしたが、例年通りライトアップしました。
いつもと違う感じでこれまた神秘的!!

e0072443_14401778.jpg天使2003 アイスグラスで乾杯
今回取材に来てくださったテレビ番組「マイタウン」はアサヒビールのスポンサー。
アイスグラスにビールをつぎ合いカンパーイ!!!
しかし…少し放っておくと凍ってしまい、飲もうとしても口の中にビールが流れてきませーん。

e0072443_14411022.jpg天使2003 みんなで作ったイグルー
みんなが寝静まった中、こっそりとイベント会場を歩くと、オブジェのようにたたずむイグルー群が…
みんなの力作、しばし感動!!!

e0072443_14421858.jpg天使2003 雪の結晶採取
翌朝は、雪の結晶のレプリカづくり。
コンディションがあまり良くなく、悪戦苦闘の参加者。
それでも納得のいく作品づくりに没頭した今回でした。

e0072443_14431223.jpg天使2003 決死のチューブすべり
約10メートルはある断崖の上からのチューブ&ビニール滑り。
恐怖を忘れて、何回も滑る人も(恐怖から快感に)
子供の頃はみんな体験してるよね。

e0072443_14452529.jpg天使2003 天使の囁き記念日
「天使の囁きを聴く集い」の翌週に行った「天使の囁き記念日」。
日本記念日協会にも登録していますが、まだまだ世には知られていない知る人ぞ知る「謎の記念日」。
でも、綺麗です。

e0072443_14461986.jpg天使2003 関東おじさん3人組
前の週に日程が合わず、「天使の囁きを聴く集い」に参加できなかったおじさん3人組が「天使の囁き記念日」のイベントに来てくれました。
地元名産のおそばを食べ、満足のご様子。
来年は一緒にチューブ滑りを体験しましょうね。

[PR]
by wisperofangel | 2005-09-11 00:02 | ├ イベントレポート
<< 「天使の囁きを聴く集い2004... 「天使の囁きを聴く集い2002... >>