「天使の囁きを聴く集い2003」レポート
17回目を数える今回のイベントは、近年通りの少人数ペースで23人の参加でした。
今度こそはマスコミ抜きで参加者と実行委員の一体感を、と考えていましたが頼まれると断れない事務局の優柔不断さで、「まいタウン」という番組クルーを受け入れました。
3月には北海道だけで放送がありましたが、ビデオを送って頂いていますので、次回の天使ではその画像が楽しめそうです。
またまた参加された方には事前にお知らせできず、大変申し訳ございませんでした・・・m(__)m

e0072443_14352833.jpg天使2003 参加者集合写真
参加者、実行委員、地元の人、行きずりの人が入り交じっての記念写真。
マイナス17度の中でもみんな元気いっぱい。
このときばかりは現実を離れ、時間を楽しみました。
<<< クリックして別ウィンドウで拡大

e0072443_1438914.jpg天使2003 イグルー建設
3基のイグルーを作るには、みんなで力を合わせてえっちらおっちら。
雪のブロックを切り出す人、運ぶ人、積み上げる人。
汗を拭き拭き、がんばりました。
(天使の囁きってこんな事するの???)

e0072443_14385811.jpg天使2003 白樺林の幻想
白樺林が古くなり、半分を伐採してしまった会場でしたが、例年通りライトアップしました。
いつもと違う感じでこれまた神秘的!!

e0072443_14401778.jpg天使2003 アイスグラスで乾杯
今回取材に来てくださったテレビ番組「マイタウン」はアサヒビールのスポンサー。
アイスグラスにビールをつぎ合いカンパーイ!!!
しかし…少し放っておくと凍ってしまい、飲もうとしても口の中にビールが流れてきませーん。

e0072443_14411022.jpg天使2003 みんなで作ったイグルー
みんなが寝静まった中、こっそりとイベント会場を歩くと、オブジェのようにたたずむイグルー群が…
みんなの力作、しばし感動!!!

e0072443_14421858.jpg天使2003 雪の結晶採取
翌朝は、雪の結晶のレプリカづくり。
コンディションがあまり良くなく、悪戦苦闘の参加者。
それでも納得のいく作品づくりに没頭した今回でした。

e0072443_14431223.jpg天使2003 決死のチューブすべり
約10メートルはある断崖の上からのチューブ&ビニール滑り。
恐怖を忘れて、何回も滑る人も(恐怖から快感に)
子供の頃はみんな体験してるよね。

e0072443_14452529.jpg天使2003 天使の囁き記念日
「天使の囁きを聴く集い」の翌週に行った「天使の囁き記念日」。
日本記念日協会にも登録していますが、まだまだ世には知られていない知る人ぞ知る「謎の記念日」。
でも、綺麗です。

e0072443_14461986.jpg天使2003 関東おじさん3人組
前の週に日程が合わず、「天使の囁きを聴く集い」に参加できなかったおじさん3人組が「天使の囁き記念日」のイベントに来てくれました。
地元名産のおそばを食べ、満足のご様子。
来年は一緒にチューブ滑りを体験しましょうね。

[PR]
# by wisperofangel | 2005-09-11 00:02 | ├ イベントレポート
「天使の囁きを聴く集い2002」レポート
今年の「天使の囁きを聴く集い」(2002年2月2,3日)は、例年になく少人数の総勢25名。
参加者の方全員の顔と名前が一致したこともあり、実に楽しい時間を過ごすことができました。
10年ぶりくらいでテレビ局の取材が入り、突然のテレビカメラに参加された方々もちょっと慌て気味(^^;)
事前にご連絡できなくて大変申し訳ございませんでしたm(__)m

今年も悪天候に見舞われ、ダイヤモンドダストは見ることができませんでしたが、楽しい2日間は
あっという間に過ぎてしまいました。
是非、来年こそは見ることができますように。


e0072443_14132751.jpg天使2002 今年の参加者
少なめの参加者ですが、中身が濃かった!
開会式で皆さんまだ緊張中の一こまです。

e0072443_14134452.jpg天使2002 札幌テレビ放送のクルー
「北再発見21」クルーの皆さん。
プロデューサーさんが写っていませんが、皆さんご覧のように(←)気さくな人ばかり。
イベントに同化して仕事をされていました。
今度はプライベートで遊びに来てね~。

e0072443_14142575.jpg天使2002 アイスキャンドル
今年のアイスキャンドルは結構すてきにできあがっていました。
氷の中にゆれる黄色い炎がとても素敵です。

e0072443_14145472.jpg天使2002 白樺林の幻想
ライトアップセレモニーまで雪が降り続き、樹木は白い衣装をまとっていました。
そこに、青・緑・オレンジの光が当たり何とも言えない幻想的な世界が広がりました。
写真では表現しきれない感動を是非来年あなたも味わってみてください。

e0072443_14151123.jpg天使2002 イグルー作り
昔遊んだはずなのに、慣れない作業に悪戦苦闘。
それでも何だかんだ言っているうちにイグルーが3つもできてしまいました。
雪の切り出し作業の方ご苦労様でした。

e0072443_14153095.jpg天使2002 クリスタルパークにて
雪の結晶のレプリカ作りの後に、朝の散歩をしました。
往復約2kmのテクシーに目がさめました。

e0072443_14154830.jpg天使2002 雪中ミカン拾い
雪山の中でのレクリエーション。
慣れないカンジキでの雪上走破の後で疲れを忘れて死闘を演じていました。
雪の中でのミカンがとてもおいしかったです。

e0072443_1416127.jpg天使2002 雪山尻すべり
高さ約10mの断崖からビニールを敷き、尻すべり!
←恐怖をよそにスリルを味わう参加者の方々。
これが結構はまってしまう遊びなのです。

[PR]
# by wisperofangel | 2005-09-11 00:01 | ├ イベントレポート
「天使の囁きを聴く集い2001」レポート
2001年のイベントの様子をご紹介します。
まだまだ楽しいシーンがたくさんありますので、是非体験してみてはいかがでしょう。

e0072443_12175212.jpg天使2001 集合
今年のイベントは参加者が少なめで少し寂しい・・・かな?全道的に吹雪に見舞われ、札幌からの参加のご夫婦が、身の危険を感じて途中で引き返されたり、旭川の実行委員がイベント会場までたどり着けず、自宅へと引き返す始末でした。
でもでも、幸運にも母子里にたどり着いた20数名は、元気一杯イベントを楽しみました。


e0072443_12181654.jpg天使2001 食事中
今年も"ひげの出張料理人"岸さんのデリシャスな夕食にみんな黙々と箸を進めるのでした。
ちょっと贅沢な気分を味わえるひと時です。


e0072443_12184823.jpg天使2001 スノーフラッグ
今年の雪中レクは超きつかった!
勝ち抜き戦のスノーフラッグはうち(事務局:小野田)の娘が勝ってしまって・・・・
う~んちょっと実行委員の身内が勝つのはまずかったかな~

e0072443_1219966.jpg天使2001 そり
スノーフラッグに続いての久しぶりのそり遊びは、すでにかなりエネルギーを消耗していた
皆さんにちょっと酷だった・・・?
2回、3回とチャレンジする人は少なかったです。

e0072443_12193844.jpg記念日2001 公園
2月17日に行われた、「天使の囁き記念日」の一こま。
最寒の地、母子里を記念して建てられたモニュメント「クリスタルピークス」(氷の頂)をライトアップしています。
年に一晩しか見ることのできないこの光景を見ることのできたカップルは幸せになれると言われています。
(ちょっと怪しい・・・かな)

[PR]
# by wisperofangel | 2005-09-11 00:00 | ├ イベントレポート